ホームページのTOPへ

お祝いの日

[DATE]2021.10.07

Case29

 

青森にお嫁にいき
数年ぶりに地元に帰ってきた新婦様。

 

ご家族にも見届けて欲しいから
という理由で
松江でのフォトウェディングを選ばれました。

 

コロナの影響もあり
お嫁に行ったきり全く会えなかった
ご家族様との再会。

駐車場でお母さんを迎えたその時から
久々の再会に涙が止まらなくて。

家族を呼んで撮影すべきかと
葛藤もあったかと思いますが、
ご家族様の嬉しそうな涙や笑顔をみていると、
この選択に間違いはなかったのだと
思います。

大好きなお母さんが花嫁姿の最後の支度を整えてくれて。

四人兄弟みんなが集まってくれて
おばあちゃんも元気にこの日を迎えれて。

大切なみんなが幸せいっぱいに笑っていて。

“お祝いの日”
まさにこの言葉がピッタリな
スタジオ中があたたかな空気に包まれての撮影となりました。

 

そこにいる皆が、
胸がギュッと熱くなる
そんな瞬間が溢れていて。

フォトウェディングにできることってなんだろう。
お客様に喜んでもらえること、
もっと心に残るご提案がしたいな、
もっともっと実のある時間をご提供したい。
そんな事を思いました。

モデルさんかと思うくらい
美しい新婦様。
泣いたり笑ったりとコロコロと変わる表情。

どの瞬間も逃すまいと
カメラマンは必死です。

 

前日までLINEやお電話でのやりとりのみで迎えた当日。

大切な一日を私たちに任せていただき
ありがとうございました。

 

撮影後、
今回お撮りしたお写真をLALAWEDDINGのブログなどに載せさせていただいてもいいですか?
と問うと、
私も毎日のようにチェックして、新しい記事を楽しみに待っていました。
だから、私のように待っている、次の花嫁さんの参考になれば嬉しい!

そう仰って下さった新婦様。

その優しさ、しっかり引き継がせていただきます。

素敵なお二人
またお会いできますように。その日を楽しみにお待ちしております。

 

Cast

Cameraman

大谷 涼太
RYOUTA OTANI

Planner

長島 沙耶
SAYA NAGASHIMA

|

VIEW ALL